icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

どうぶつたちがねむるとき

画像を拡大する

どうぶつたちがねむるとき

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 22cm×30cm
ページ数 36
ISBN 978-4-03-202760-0
NDC 726
発売日 2017年6月

定価: 1,728

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

キリン、ラッコ、ニシキヘビ、アザラシ、シロクマ、ヤマネにラクダ……動物たちの眠り方はさまざま。ラッコは長いコンブをからだに巻きつけて眠るし、クジャクは木の枝の上で長い尾をたらして眠ります。他の動物もいったいどんなふうに眠るのかな? やさしく教えてくれます。イラストはみんな動物たちが眠る姿。チェコの新進の画家による美しい絵本。静かに子どもたちを眠りの世界に誘います。

著者紹介

イジー・ドヴォジャーク

1970年、ポーランド、ドイツとの国境に近いチェコの北ボヘミア地方に生まれる。作家、詩人、編集者。農業学校を卒業したが、農業に関わったのは『私たちの美しい庭』の編集のみである。魅力的なおとぎ話を作り、子どものための文章は読者たちの心をとらえている。アート・ディレクターのユライ・ホルヴァート夫妻率いる出版社バオバブからは『どうぶつたちがねむるとき』の他にも、ユライ・ホルヴァートが挿絵を手がけた『ニワトリとテレビ』、新世代の人気作家アルジュビェタ・スカーロヴァーの絵による『アフリカへ帰ろう!』『緑の世界の不思議な真実とおとぎ話』などが出版され、チェコで様々な賞を受賞している。

この著者の書籍一覧を見る

マリエ・シュトゥンプフォヴァー

プラハ芸術アカデミーでファッションを先行した後、プラハ美術工芸大学のイラストレーション、グラフィックデザイン学科に移り、ユライ・ホルヴァートの元で学ぶ。2013年にはプラハ美術工芸大学から『初雪』を出版。私家版として制作した『雲の地図』など、フロッタージュを効果的に用い、優しさの中にモダンさを兼ね備える作品を生み出している。『どうぶつたちがねむるとき』は「チェコの最も美しい本2014年」で児童書部門の3位を受賞し、チェコで重版を重ねる人気絵本となっている。プラハ在住。

この著者の書籍一覧を見る

木村有子

東京生まれ。1970年から3年間プラハに住み、現地の小学校に通う。1984年から2年間プラハのカレル大学へ留学。その後ドイツに4年間滞在。現在はチェコの絵本や映画の字幕の翻訳、通訳等の仕事を通して、チェコの文化を日本に紹介している。訳書に「もぐらくんの絵本」シリーズ、『おとぎばなしをしましょう』、『ゆかいなきかんしゃ』『ありさん あいたたた…』、『ちびとらちゃん』、字幕翻訳にイジー・トルンカの「真夏の夜の夢」「チェコの古代伝説」などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

ぜひ毎日お休み前に、ひとつずつ眠る動物のお話をしてあげてください。16日間楽しめます。

関連記事