icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

まんが少年、空を飛ぶ

特攻隊員・山崎祐則からの絵手紙

まんが少年、空を飛ぶ

画像を拡大する

まんが少年、空を飛ぶ

特攻隊員・山崎祐則からの絵手紙

著: 山崎祐則

解説: 稲泉連

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 伝記・ノンフィクション
サイズ(判型) 20cm×28cm
ページ数 223ページ
ISBN 978-4-03-016660-8
NDC 915
発売日 2018年8月

定価: 4,536

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

幼い頃から飛行機に憧れていた祐則少年は、予科練に志願して少年飛行兵になった。故郷を離れ、訓練にあけくれる毎日。まんがが得意だった彼はそのようすを、特攻で亡くなる直前までの2年半の間、たびたび絵にして家族へ書き送った。

ハンモックでとびおきる毎朝の慌ただしさ、ついウトウトしてしまう午後の授業、相撲大会で優勝したこと、カッターで海に漕ぎ出した日のこと、そして、大空を飛ぶよろこび。持ち前の明るさとユーモアをもって描かれたそれらの楽しげな絵手紙は、当時の兵隊たちの日常と青春をいきいきと今に伝える。と同時に、戦争が激化するにつれ、少年兵の育成期間がどんどん短縮され、実戦経験のない若者たちが次々に前線へ送られていく状況がリアルに感じとれる、貴重なドキュメントでもある。

解説は『ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した稲泉連。遺族へのインタビューをもとに、山崎祐則という一人の少年の、かけがえのない人生を浮かびあがらせる。224ページ、オールカラー。

著者紹介

稲泉連

1979年東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。2005年に『ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死』で第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。おもな著書に『仕事漂流 就職氷河期世代の「働き方」』『命をつなげ 東日本大震災、大動脈復旧への戦い』(『復興の書店』『豊田章男が愛したテストドライバー』『「本をつくる」という仕事』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

まんが少年、空を飛ぶ
まんが少年、空を飛ぶ