icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

Luna Park Books

金曜日の砂糖ちゃん

金曜日の砂糖ちゃん

画像を拡大する

Luna Park Books

金曜日の砂糖ちゃん

受賞歴:

  • ブラチスラバ世界絵本原画展金牌(2005)
対象年齢 中学生から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 19cm×14cm
ページ数 61
ISBN 978-4-03-965240-9
NDC 726
発売日 2003年10月

定価: 1,512

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

子どもがひとりでいる時間を幻想とリアリズムの狭間で描いた短篇集。「金曜日の砂糖ちゃん」と呼ばれている女の子の話など3篇。

著者紹介

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

小さな本が出来ました。小さな本には、小さなお話が3つ入っていて、3つのお話には、それぞれ3人の子どもが棲んでいます。
1つ目のお話は「金曜日の砂糖ちゃん」。“金曜日の砂糖ちゃん”と呼ばれている、小さな女の子が出てきます。時間は、いつもよりゆっくりと流れていて、時計の針は3時から4時までを指していました。
2つ目のお話は「草のオルガン」。短靴を履いてランドセルをしょった男の子が出てきます。空は、だんだんオレンジ色になってきて、時計を見ると、いつのまにか5時を過ぎていました。
3つ目のお話は「夜と夜のあいだに」。夜と夜、ポイントとポイントの間に目を覚ました女の子が出てきます。女の子はパジャマを脱いで、パンツ一丁になっています。時計の振り子は斜めな角度になったまま、さっきからピクリとも動きません。
これら3人の子ども達は、絵の具とダーマトグラフとボールペンで描かれた後、編集の広松健児さんに大切に育てられ、デザイナーの祖父江慎さんの手で、本当に素敵に可愛らしくしていただき、ていねいな仕事で印刷され、そして、江國香織さんには宝石のような言葉を帯へと寄せていただきました。
こんなに幸せな子ども達は、いないように思います。ほんとうに、ありがとうございました。
これら大切に送り出された3人の子ども達、どうぞ手に取って、眺めてやってください。(酒井駒子)

金曜日の砂糖ちゃん
金曜日の砂糖ちゃん