icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

チェロの木

チェロの木

画像を拡大する

チェロの木

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2013)
  • 日本図書館協会選定図書(2013)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 29cm×24cm
ページ数 40
ISBN 978-4-03-963930-1
NDC 726
発売日 2013年3月

定価:本体価格 1,600円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

森の木を育てていた祖父、楽器職人の父、そして音楽にめざめる少年。おおきな季節のめぐりの中でつらなっていくいのちの詩。

著者紹介

読者のおたより

書店にて「ルリユールおじさん」の伊勢英子さんの新作と気付き、直ぐ購入致しました。作り手とそれを色々な形のバトンとして受け取る人々の心情描写に目頭が熱くなりました。年齢に関わらず、もの作りに携わる方々や、その周囲の皆さんにも読んで頂きたいと思う一冊です。(40代)

いせさんの本を開くたび、その絵や言葉と共に深い温かな__そうチェロの様な音が響いてくるように思うのは気のせいでしょうか? 木、音楽、命、受け継がれてゆくもの1つ1つへのメッセージの集大成のよう。子どもたちも、何だか抱きしめるようにこの本を読んでいます。(40代)

いせひでこさんの、これまでの集大成!とも呼ぶべき作品だと思っています。『ルリユールおじさん』『大きな木のような人』『1000の風1000のチェロ』『あの路』などの世界観がつながって、この作品が誕生したという印象を受けました。絵は文句なしにすばらしく、吸い込まれそうです。大好きな一冊になりました。 (40代)

絵がとても美しく、すばらしいと思いました。絵も文も心をあたたかくしてくれるようでした。最後の「わたしの音の中にふたりはいるんだ」という言葉がとても好きです。物や音を人から人へつなげていく物語、とても感動しました。(17歳)

関連記事

チェロの木
チェロの木