icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

トムテ

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 22cm×28cm
ページ数 30
ISBN 978-4-03-961090-4
NDC -
発売日 1979年10月

定価: 1,512

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

しんしんと冷える北国の冬の夜、ひとりねずの番をする小人のトムテ。北欧の有名な詩と夜の神秘を描く絵に心がなごみます。

著者紹介

リードベリ

スウェーデンのイェンチェーピングに生まれる。リンド大学、ウプサラ大学に学ぶ。ジャーナリスト、詩人、作家、神学者、法律家として幅広く活躍。社会問題、宗教問題を扱った小説、哲学的な詩が多い。代表作に小説『シンゴアラ』、『第一詩集』がある。

この著者の書籍一覧を見る

ウィーベリ

スウェーデンのアンカーシュルムに生まれる。工芸学校、オレル美術学校に学ぶ。自然や動物の本の挿絵を多く描き、絵本の分野でも活躍。1971年にブタペストの世界動物画展で最優秀賞を、1976年にエルザ・ベスコフ賞を受賞。絵本の代表作に『トムテ』『うまやのクリスマス』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

とてもとても美しい絵本です。絵も言葉もとにかく美しい。そして、深い。静かな絵本なのですが、娘が1歳の頃から読み聞かせています。わっはっはと楽しい絵本も良いですが、寝る前にこんな絵本で心を鎮めるのもいいものです。特に、クリスマスの時期に読むととても雰囲気があって良いのでお勧めです。(みー)

素晴らしい絵と文章、この静けさが心やすらぎ、くり返し絵本の中にひたりたい想いにさせてくれます。どこの国にも同じ想いの発想があるものと感じます。日本は「ざしきわらし」ひとつの家で永くくらし、トムテを育てたいなーと思いました。(70代女性/愛読者はがきより)

トムテ
トムテ