icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

女の子の昔話えほん

おだんごころころ

日本のおはなし

おだんごころころ

画像を拡大する

女の子の昔話えほん

おだんごころころ

日本のおはなし

再話: 中脇初枝

絵: MICAO

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 29cm×25cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-960450-7
NDC 726
発売日 2022年3月

定価:本体価格 1,700円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

おだんごが
ころがる先にいたのは?

ころがるおだんごをおいかけて
鬼の家にきてしまった女の子。
おだんごを気にいった鬼たちに
もっと、たくさん
つくるようにいわれますが……!

宝をもちかえる女の子の昔話が
刺繍と布でえがかれた絵本になりました。

:::::::::::::::::::::::::
おひるになったので、
むすめは、おだんごを たべようとしました。
すると、おだんごが、
ころころころころ、ころがっていきました。

むすめは、もうひとつの おだんごを
たべようとしました。
ところが、
そのだんごも、また、
ころころころころ、ころがっていきました。

あとには もう、ひとつしか
おだんごは のこっていません。
むすめは、しっかりにぎって
たべようとしましたが、
さいごのおだんごも、また、
ころころころころ、ころがっていきました。

むすめは おだんごを おいかけて、
はしりだしました。
(本文より)
:::::::::::::::::::::::::

女の子の昔話えほんシリーズについて

あなたが知っている昔話の主人公は、男性が多いのではないでしょうか。女性が主人公の場合も、ひかえめでおとなしい女性ではないでしょうか。絵本になるのはそういう昔話が多いのですが、語りつたえられてきた昔話はもっと豊かで、へこたれずに自分なりの幸せをつかむ、いろんな女性たちが登場します。これまで知られてこなかった、そんな主人公の昔話を絵本にして、これからの世界を生きるこどもたちに贈ります。

著者紹介

中脇初枝

徳島県に生まれ高知県で育つ。高校在学中に坊っちゃん文学賞を受賞。筑波大学で民俗学を学ぶ。創作と、昔話の再話・語りをする。昔話集に『女の子の昔話 日本につたわるとっておきのおはなし』『ちゃあちゃんのむかしばなし』(産経児童出版文化賞JR賞)、絵本に「女の子の昔話えほん」シリーズ、『つるかめつるかめ』など。小説に『きみはいい子』(坪田譲治文学賞)『わたしをみつけて』『世界の果てのこどもたち』『神の島のこどもたち』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

MICAO

アーティスト。兵庫県に生まれる。神戸大学経営学部卒業。刺繍、布絵の制作を行う。ボローニャ国際絵本原画展(2019年)入選。雑誌「スタイルアサヒ」「うかたま」の表紙をてがけるなど、幅広く活躍する。装画・挿絵を手がけた本に『ひぐれのお客』『ひぐれのラッパ』(作 安房直子)、絵本に『たいくつなにちようび』がある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

2012年に、日本につたわる女の子と女性が主人公の昔話を集めた『女の子の昔話』を刊行しました。そのときに、読んだ方から「絵本にはしないの? もっと小さな子どもたちもこの昔話を読めたらいいのに」といわれ、立ち上げたのがこの絵本シリーズです。

「おむすびころりん」と似たタイプのおはなしですが、このおはなしでは、女の子がおだんごをおいかけて、鬼の家についてしまいます。
刺繍と布絵でえがかれた鬼はなんともユーモラス、ぜひご覧下さい。

関連記事

おだんごころころ
おだんごころころ