icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫4080

新版 死の川とたたかう

イタイイタイ病を追って

新版 死の川とたたかう

画像を拡大する

偕成社文庫4080

新版 死の川とたたかう

イタイイタイ病を追って

作: 八田清信

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2012)
対象年齢 中学生から
ジャンル 文庫 > ノンフィクション
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 268
ISBN 978-4-03-850800-4
NDC 916
発売日 2012年4月

定価:本体価格 800円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

富山県の神通川流域に発生し、ながく奇病とされていたイタイイタイ病。その病が鉱山の公害によるものだと企業に認めさせるまでの住民・医師・科学者の闘いを地元新聞社の目で捕えた、迫真のドキュメンタリー。

著者紹介

八田清信

1909年、富山市に生まれる。富山商業学校卒業。富山新聞社会部長、編集局次長などを歴任。15年にわたってイタイイタイ病の取材にとりくむ。1969年停年退社。1979年没。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

1973年に最初の単行本が刊行され、約10年後に文庫化、そして今回は新カバーで、新たな解説をつけて復刊です。
編集作業をしていて驚くのは、月日は経ってもあせない内容であること。悲惨な奇病が鉱毒によるものだとつきとめ、それを企業に認めさせるまでの遠い道のりを、あきらめずに突き進んだ人々の熱気が感じられる本です。
「もう終わったこと」ではなく、現在も起きつづけている公害の、ひとつの事例として、この本を読んでみてはいかがでしょうか。

新版 死の川とたたかう
新版 死の川とたたかう