icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

白狐魔記

戦国の雲

作: 斉藤洋

画: 高畠純

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2006)
  • 社会保障審議会推薦文化財(2007)
  • 日本子どもの本研究会選定図書(2006)
  • 日本図書館協会選定図書(2006)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×14cm
ページ数 361
ISBN 978-4-03-744240-8
NDC 913
発売日 2006年7月

定価: 1,620

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

  • 購入
    • Amazon
    • 全国書店ネットワーク e-hon
    • EhonNavi
    • エルパカ
    • 紀伊國屋書店
    • 7net
    • TSUTAYA
    • honto
    • Honya Club
    • 楽天
  • 電子版を購入
    • amazon kindle
    • Book Live
    • 楽天kobo
    • Reader Store
    • iBooks
    • honto
    • dマーケット
    • Kinoppy
    • ebook japan
    • ブックパス
    • BOOK WALKER
    • GALAPAGOS STORE
    • ※ 書店によって取扱いがない場合があります。
    • ※ 紙の本と価格が異なる場合があります。

内容紹介

時は戦国。白狐魔丸は鉄砲撃ちの少年と出会う。少年が師匠の仇と狙うのはあの織田信長だった―。化身する狐が見た戦乱の世。

著者紹介

斉藤洋

1952年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。おもな作品に「白狐魔記」シリーズ、「イーゲル号航海記」シリーズ、『ジーク』『ひとりでいらっしゃい 七つの怪談』『アルフレートの時計台』『遠く不思議な夏』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

高畠純

1948年、愛知県に生まれる。愛知教育大学美術科卒業。東海学院大学特任教授。絵本『だれのじてんしゃ』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。作品は『もしもし…』「白狐魔記」シリーズ、『ピースランド』『おどります』『らくちん らくちん』『わんわんわんわん』『十二支のはやくちことばえほん』、「クジラ海のお話」シリーズなど多数。岐阜県在住。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです



 たいへん長らくお待たせいたしました。今回の白狐魔記は、『戦国の雲』であります。前巻、第三巻『洛中の火』が出たのはちょうど六年前の六月。その最後のページには、『戦国の雲』とタイトルまで出した予告があるのに、発行がこのように遅れてしまい、すみません。



 タイトルの『戦国の雲』があらわしているように、今回の舞台は戦国時代、その中でも、天正元年から天正十年の十年間、織田信長が足利十五代将軍義昭を追放してから本能寺の変まで、地理的には、美濃、尾張、近江、伊勢、そして京を舞台にしています。鎌倉幕府倒壊後、白狐魔丸は運よく応仁の乱にはかかわることはありませんでしたが、さすがに時代の傑物、織田信長が呼びおこした渦には、巻きこまれずにはすまなかったのであります。



 ところで、白狐魔丸は寿永二年(西暦1183年)の生まれですから、本能寺の変が起こった天正十年(西暦1582年)には、昔のかぞえ年齢で四百歳ということになります。それでもなお、白狐魔丸の時間の旅は続きます。



 今後の刊行について、第三巻の最終ページの狐の影絵の下には、〈以下続刊〉とあるのに、今回の第四巻の最終ページの狐の絵の下にこの言葉はありません。けれども、これは、「以下続刊しない」という意味ではありません。もちろん、第五巻も出ることになっていて、どの年代のどの事件に白狐魔丸がかかわるかも、ほぼ決まっています。そのようなわけですので、今後とも、白狐魔丸の応援、よろしくお願いいたします。(斉藤 洋)
戦国の雲
戦国の雲