icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

わたしが少女型ロボットだったころ

わたしが少女型ロボットだったころ

画像を拡大する

わたしが少女型ロボットだったころ

対象年齢 中学生から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 252ページ
ISBN 978-4-03-727280-7
NDC 913
発売日 2018年7月

定価: 1,620

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

わたしは、ロボットだった。
人間じゃなくて、ロボットだった。
そのことを、わたしはすっかり忘れて生きてきた。
きっと、忘れたまま生活するようにプログラミングされていたんだと思う。
だけど、思い出してしまった。
本当に突然、ふっと。(本文より)

自分がロボットであると認識し、食べることをやめた少女と
彼女を理解しようとする少年

ゆらぎ、見失いそうになる自分の形を
見つけるための物語

著者紹介

石川宏千花

女子美術大学芸術学部卒業。『ユリエルとグレン』で講談社児童文学新人賞佳作を受賞。作品に『妖怪の弟はじめました』『墓守りのレオ』『密話』「超絶不運少女」シリーズ、「お面屋たまよし」シリーズ、「死神うどんカフェ1号店」シリーズなどがある。

この著者の書籍一覧を見る

わたしが少女型ロボットだったころ
わたしが少女型ロボットだったころ