icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_instagram_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_mail_01 icon_arrow_down icon_link icon_error icon_download icon_book

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ビブリオ・ファンタジア

シンデレラのねずみ

シンデレラのねずみ

ビブリオ・ファンタジア

シンデレラのねずみ

定価(本体価格) 1,300円+税
偕成社在庫 なし
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 166ページページ
ISBN 978-4-03-727220-3
NDC 913
発売日 2018年6月

内容紹介

おかしなことに、わたしの顔を見るとみな、奇妙な話をしたくなるらしい。

図書館でアルバイトするわたしのもとに集まる、不思議な話とは?

「だいちくんのぴょんぴょんカエル」「ドッペルゲンガー」
「シンデレラのねずみ」「エレベーターのあやかし」「少年の夢」の5編からなる
図書館を舞台にした斉藤洋の奇譚集、第2弾。

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2018)

編集者より

その人と話していると、なぜか話そうと思っていなかったことまで話してしまう。
そういう人がたまにいますが、このシリーズの主人公もそんなタイプです。

図書館の児童読書相談コーナーではたらく主人公は
知らぬまにうごくぴょんぴょんカエル、借りたはずのない本、ハムスターに起こる奇妙な現象など、ちょっとこわくて、どこか切ない話を聞くことになります。
そして、最後には主人公自身が体験した不思議な話が明かされます。

『アリスのうさぎ』につづく、シリーズ第2弾、手にとっていただければさいわいです。

『アリスのうさぎ』を読んですぐに『シンデレラのねずみ』も購入し読みました。どちらも子どもから大人までおもしろく読める本だと思います。偕成社さんの児童書は昔から大好きで何冊も持っていますが、思えば全て年齢関係なく楽しめ、とても満足できて何度でも読み返したくなる本ばかりです。(40代)

紙書籍を購入する

  • Amazon
  • 全国書店ネットワーク e-hon
  • EhonNavi
  • エルパカ
  • 紀伊國屋書店
  • 7net
  • TSUTAYA
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天
  • ヨドバシカメラ
シンデレラのねずみ
シンデレラのねずみ