icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

オール・アメリカン・ボーイズ

オール・アメリカン・ボーイズ

画像を拡大する

オール・アメリカン・ボーイズ

対象年齢 中学生から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 362ページ
ISBN 978-4-03-726980-7
NDC 933
発売日 2020年11月

定価:本体価格 1,500円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

黒人の少年ラシャドはポテトチップスを買いにいった店で万引きを疑われ、白人の警官から激しい暴行を受け入院する。それを目撃した白人の少年クインは、その警官が友人の兄のポールだと気づき現場から逃げた。事件の動画がテレビやネットで拡散し、ラシャドとクインが通う高校では抗議のデモが計画され、2人はそれぞれの人間関係の中で、揺れ動く自分の心をみつめることになる。

事件の当日からデモが行われるまでの8日間を、黒人作家のレノルズが黒人の少年ラシャドの視点から、白人作家のカイリーが白人の少年クインの視点から交互に描き、まさにアメリカの今を映し出す感動作。

ブラック・ライブズ・マター(BLM)の運動が大きなうねりとなっている全米で30万部を突破。

ウォルター・ディーン・マイヤーズ賞、アメリア・エリザベス・ウォールデン賞受賞作。ニューヨークタイムズ・ベストセラー。

著者紹介

ジェイソン・レノルズ

1983年生まれ。“When I Was the Greatest” でジョン・ステップトウ新人賞、 “As Brave As You” でカーカス賞、『エレベーター』でエドガー賞YA部門を受賞。その他に全米図書賞児童文学部門の最終候補に選ばれた『ゴースト』などがある。2020年、まだ30代でアメリカの児童文学大使に就任し、今最も注目されている若手作家の1人。

この著者の書籍一覧を見る

ブレンダン・カイリー

1977年生まれ。デビュー作 “The Gospel of Winter” がカーカス・レビューによる優れたYA作品に選定され、アメリカ図書館協会による年間YA小説10作品に選ばれるなど、新進作家として期待を寄せられている。

この著者の書籍一覧を見る

中野怜奈

1983年、東京生まれ。津田塾大学大学院修了。杉並区の学校司書として勤務しながら、ミュンヘン国際児童図書館の日本部門を担当。国立国会図書館国際子ども図書館では非常勤調査員として翻訳業務に携わっている。

この著者の書籍一覧を見る

オール・アメリカン・ボーイズ
オール・アメリカン・ボーイズ