icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

さよなら、スパイダーマン

さよなら、スパイダーマン

画像を拡大する

さよなら、スパイダーマン

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2017)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 310ページ
ISBN 978-4-03-726900-5
NDC 933
発売日 2017年10月

定価: 1,836

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

5年前、ジェイミーの姉、ローズは、イスラム過激派によるロンドン同時多発テロに巻きこまれて亡くなった。それ以来、父さんは酒におぼれ、母さんは家を出て行き、家族はばらばらになってしまう。10歳になったジェイミーは、ローズと双子だったもうひとりの姉、ジャスミンと父さんといっしょに、ロンドンから湖水地方に移り住む。環境が変わっても、父さんは相変わらず働かず、ローズの写真をながめてばかりいる。父さんにとっていちばんたいせつなのは、そばにいる家族ではなく、暖炉の上に置かれたローズの遺灰が入った壷なのだ。そんなやり場のない気持ちをかかえたジェイミーを救ってくれたのは、父さんがもっとも嫌うイスラム教徒の女の子、スーニャだった。

ブラウンフォード・ボウズ賞受賞作。

著者紹介

アナベル・ピッチャー

1982年、英国ウェストヨークシャー生まれ。オックスフォード大学卒業。デビュー作の本書により、ブランフォード・ボウズ賞とベティ・トラスク賞を受賞。第2作の『ケチャップ・シンドローム』は、ウォーターストーン児童文学賞最優秀賞とエドガー賞ヤングアダルト部門を受賞している。

この著者の書籍一覧を見る

中野怜奈

1983年、東京生まれ。津田塾大学大学院修了。杉並区の学校司書として勤務しながら、ミュンヘン国際児童図書館の日本部門を担当。国立国会図書館国際子ども図書館では非常勤調査員として翻訳業務に携わっている。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

「ぼくの姉さんのローズは、暖炉の上においてある壺の中にいる」――この物語は、そんな一行ではじまります。主人公は、爆破テロでふたごの姉のひとりを亡くした十歳の男の子、ジェイミーです。父親はその悲しみから立ちなおれず、イスラム教徒を嫌悪しているのですが、ジェイミーは、イスラム教徒の少女スーニャとの出会いや、さまざまな葛藤をへて、そのすべてをうけとめて前に進めるようになります。きびしい環境にあってもいつもユーモアを忘れず、繊細にものごとを感じながら成長していくジェイミーの姿が胸を打つ作品です。ときには思いこみで突っ走ってしまう、少年らしい一面もまた魅力的で、この本の原書を読みおえたときには、ジェイミーのことが大好きになっていました。
凪の海でどこにも行けずにいた船が、突然の風を帆にはらんで進みはじめるように、人生には、ふとしたきっかけで一気に世界がひらけるときがあります。スーニャという新しい風にふれて異文化を知り、人生の真実に気づくジェイミーを見て、そんなことを思いました。この本を手にとって、ジェイミーに会っていただけたらうれしいです。(訳者より)

さよなら、スパイダーマン
さよなら、スパイダーマン