icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ペーター・ヘルトリングの本

ヒルベルという子がいた

受賞歴:

  • ドイツ児童文学賞・推薦作(1976)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(1978)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 164
ISBN 978-4-03-726030-9
NDC 943
発売日 1978年9月

定価:本体価格 1,300円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

施設で暮らすヒルベルと呼ばれている男の子。ヒルベルの深い喜びや恐れは、誰にも理解されない。社会の不条理を鋭くつく作品。

著者紹介

上田真而子

広島県生まれ。マールブルグ大学で宗教美術史を学び、現在ドイツ児童文学の紹介に活躍。ヘルトリング、エンデ、リヒターなど多くの作家の本を翻訳した。他に随筆集『幼い日への旅』がある。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

ヒルベルという子がいた
ヒルベルという子がいた