icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

落語でわかる江戸文化5

体験!子ども寄席5 どうぶつ噺 旅の噺

体験!子ども寄席5 どうぶつ噺 旅の噺

画像を拡大する

落語でわかる江戸文化5

体験!子ども寄席5 どうぶつ噺 旅の噺

文: 古今亭菊千代

絵: 水野ぷりん

監修: 車浮代

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2014)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 知識の本 > 国語に役立つ本
サイズ(判型) 27cm×19cm
ページ数 95
ISBN 978-4-03-724250-3
NDC 779
発売日 2014年3月

定価:本体価格 2,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

江戸時代に生まれ、350年以上の歴史をもつ「落語」。現在では、小学校の教科書にもとりあげられ、「学校寄席」「子ども寄席」などで落語に親しむ子どもたちも増えています。このシリーズは、子どもたちになじみやすい演目をテーマ別に取り上げ、各噺のあらすじと観賞のポイントを紹介します。あらすじは、子どもたちがその噺を演じることができるよう台本の形をとり、落語のなかに登場する、暮らしぶり・職・食・祭り・江戸っ子気質をイラストなどを交え、わかりやすく解説、江戸の文化も学べます。第五巻の演目は、元犬、つる、猫の皿、狸の恩返し、さぎとり、ねずみ、七度狐、宿屋の富、鼓ヶ滝、手水まわしの10作品。

著者紹介

古今亭菊千代

落語家。1984年、古今亭圓菊門下に入門。1993 年、女流初の真打昇進、古今亭菊千代を襲名。古典落語だけでなく、手話と一緒に楽しむ落語や創作落語も手がける。

この著者の書籍一覧を見る

水野ぷりん

武蔵野美術大学油絵科卒業。イラストレーター、画家。近年は映像も手がけ、DVDに「映像で綴る日本の詩歌 中原中也」や「平和絵本」を中央区平和バーチャルミュージアムで発信。また、画家として、日本の古典文学、怪談、能などの日本画作品でも知られる。主な作品に、『きんいろのライオン』『かさじぞう』『むらをすくったおに』『ハートボイス』『体験! 子ども寄席』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

体験!子ども寄席5 どうぶつ噺 旅の噺
体験!子ども寄席5 どうぶつ噺 旅の噺