icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫3268

少年の日々

作: 丘修三

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2011)
  • 小学館児童出版文化賞(1993)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 文庫 > 現代の児童文学(日本)
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 216
ISBN 978-4-03-652680-2
NDC 913
発売日 2011年2月

定価:本体価格 700円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

昭和20年代、ゆたかな自然の中で、少年は毎日、友だちと遊び、働いていた。生き物の命がずっと身近だった戦後の熊本の生活が、熊本弁であざやかによみがえる連作短編4編。

著者紹介

丘修三

1941年生まれ、熊本で幼少期をすごす。東京学芸大学、東京教育大学で、障害児教育を学ぶ。著書に『ぼくのお姉さん』で坪田譲治文学賞・新見南吉児童文学賞・日本児童文学者協会新人賞を受賞。ほかに『風にふかれて』『少年の日々』『口で歩く』『福の神になった少年』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

「ぼくのお姉さん」は韓国でも10万部を超すベストセラーになりました。同じ作者の厳しくせつない連作短編集です。

少年の日々
少年の日々