icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫3264

テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋

画像を拡大する

偕成社文庫3264

テラビシアにかける橋

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2007)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 文庫 > 現代の児童文学(海外)
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 256
ISBN 978-4-03-652640-6
NDC 933
発売日 2007年3月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:わずか】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

絵の好きな少年ジェシーは、となりに越してきた風変わりな少女レスリーと出会い、テラビシアと名づけた秘密の場所で新しい世界にめぐりあう。キャサリン・パターソンが贈る感動の名作。

著者紹介

キャサリン・パターソン

1932年、中国に生まれる。1957年より4年間日本に滞在。作品に『ガラスの家族』などがあり、日本の民話絵本の翻訳も手がける。『テラビシアにかける橋』『海は知っていた』でニューベリー賞を受賞したのち、1998年には国際アンデルセン賞、そして2006年にアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

岡本浜江

東京に生まれる。東京女子大学文学部卒業。共同通信記者生活を経て、現在英米文学の翻訳に従事。『修道士カドフェル』など大人向け作品のほか『ガラスの家族』『父さんと歌いたい』『悪童ロビーの冒険』などパターソンの作品のほか多数。第42回児童文化功労賞受賞。日本児童文学家協会顧問。JBBY会員。

この著者の書籍一覧を見る

テラビシアにかける橋
テラビシアにかける橋