icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

波うちぎわのシアン

波うちぎわのシアン

画像を拡大する

波うちぎわのシアン

著: 斉藤倫

画: まめふく

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 322ページ
ISBN 978-4-03-643170-0
NDC 913
発売日 2018年3月

定価: 1,944

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

わたしは、カモメ。そう聞くと、みんなわらう。なんたって、わたしはねこだから。港町・ラーラにひとつしかない病院ののきしたでひろわれたわたしは、フジ診療所の飼いねこになった。これから話すのは、わたしがそこで、見聞きしたこと。
ある夜、はげしく噴きあがる炎につつまれて、一艘の船が港にたどりついた。そこで助けだされた赤ん坊は、いずれ、シアン、と呼ばれることになる。左のにぎりこぶしが、おなじ名前の巻貝のかたちに、そっくりだったから。にぎりしめられたまま、けっしてひらくことのないその左手には、ふしぎな力があったんだ。

 

著者紹介

斉藤倫

1969年生まれ。詩人。2004年『手をふる 手をふる』でデビュー。2014年『どろぼうのどろぼん』が、初の長篇物語。同作で、日本児童文学者協会新人賞、小学館児童出版文化賞を受賞。おもな作品に『せなか町から、ずっと』『とうだい』『クリスマスがちかづくと』など。

この著者の書籍一覧を見る

波うちぎわのシアン
波うちぎわのシアン