icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

きみの声を聞かせて

きみの声を聞かせて

画像を拡大する

きみの声を聞かせて

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2017)
対象年齢 中学生から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 190
ISBN 978-4-03-643160-1
NDC 913
発売日 2016年10月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

声が出なくなった少女とアメリカに住むピアノを弾く少年。
2人は、音を共有できるソーシャルメディアを介して知り合う。
少年が作った音楽は少女に送られ、少女は自分の書いた詩を少年に送る。
2人の交流が続くうちに、少女は少年の本当の姿を知ることになる・・・。
他者との相互理解をテーマに描いた作品。小学校高学年から。

著者紹介

小手鞠るい

1956年岡山県生まれ。同志社大学卒業。小説家。詩とメルヘン賞、海燕新人文学賞、島清恋愛文学賞、ボローニャ国際児童図書賞などを受賞。2019年には『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で、子どもの本研究会第3回作品賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に『エンキョリレンアイ』『きみの声を聞かせて』『アップルソング』『思春期』『初恋まねき猫』『放課後の文章教室』『空から森が降ってくる』など多数。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

相互理解というテーマを小手鞠さんらしい構成で書き上げたYA作品。小学校高学年から中学生の女子がメインターゲットですが、筆者からは、「高校生、大学生はもとより、乙女心をもつすべての読者におくりたい」というメッセージが届いています。

きみの声を聞かせて
きみの声を聞かせて