icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

続・12月の夏休み

続・12月の夏休み

画像を拡大する

続・12月の夏休み

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2015)
  • 日本子どもの本研究会選定図書(2015)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 190
ISBN 978-4-03-643140-3
NDC 913
発売日 2014年11月

定価:本体価格 1,300円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ケンタとミノリ、写真家のパパは、赤道をはさんで日本とさかさまの国ニュージーランドに住んでいる。ママは仕事が忙しくて日本にいる。ニュージーランドでは、12月が夏休みだ。昨年の夏休みはケンタとミノリ2人だけで、亜南極まで、パパを追う旅に出た。なかなかパパに追いつけなくて、大変な冒険だった。それは『12月の夏休み』を読んでほしい。続編では、今年こそはママも日本からやってきて平和な家族旅行のはず、だったが……トレッキングの途中で、やっぱりパパともママともはぐれて、2人だけの旅になってしまった。ニュージーランドには、ここにしかいない特別な鳥がたくさんいる。そんな変わった鳥たちに出会いながら、2人の旅は続く。作者の体験を元に描かれたリアルなニュージーランド冒険日記!

著者紹介

川端裕人

1964年、兵庫県に生まれる。千葉県で育つ。東京大学教養学部教養学科卒業。日本テレビに入社、報道局記者として活躍。体験をもとにノンフィクション『クジラを捕って、考えた』で作家としてデビュー。1997年に日本テレビ退社後は、幅広い分野で作品を書き続けている。作品に『夏のロケット』(サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞)、『川の名前』『銀河のワールドカップ』『イルカと泳ぎ、イルカを食べる』『算数宇宙の冒険』『ギャングエイジ』、絵本『さんすううちゅうじん、あらわる!』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

杉田比呂美

1959年、東京都に生まれる。絵本、本の挿絵、雑誌、単行本の表紙イラストなど、広い分野で活躍中。絵本に『なつさがし』『五感のピクニック』『散歩の時間』、共著に『ドロップロップ』『サンタのおばさん』、挿絵に『歌うねずみウルフ』『霧のむこうのふしぎな町』『オックスフォード物語』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

続・12月の夏休み
続・12月の夏休み