icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

雪だるまの雪子ちゃん

雪だるまの雪子ちゃん

画像を拡大する

雪だるまの雪子ちゃん

作: 江國香織

銅版画: 山本容子

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2009)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2009)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 234
ISBN 978-4-03-643060-4
NDC 913
発売日 2009年9月

定価: 1,620

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

野生の雪だるまの女の子、雪子ちゃんの毎日には生きることのよろこびがあふれています。カラー挿画入りの宝物のような1冊。

著者紹介

江國香織

1964年東京都生まれ。小説家、詩人、翻訳家。直木賞、川端康成文学賞、山本周五郎賞、坪田讓治文学賞など受賞多数。小説のほかに、児童文学『こうばしい日々』、長編童話『雪だるまの雪子ちゃん』、絵本『おさんぽ』『ちょうちょ』、詩集『いちねんせいになったあなたへ』など子どものための作品も多く、『おおきなあかいなや』『しろいゆき あかるいゆき』『マドレーヌのクリスマス』『マールとおばあちゃん』『オズの魔法使い』『青い鳥』など、絵本や童話の翻訳も数多く手がけている。絵本についてのエッセイに『絵本を抱えて部屋のすみへ』がある。

この著者の書籍一覧を見る

山本容子

1952年埼玉県に生まれ、大阪で育つ。銅版画家。酒脱で洗練された独自の世界は、展覧会での作品発表にとどまらず、書籍の装幀・挿画をはじめ、アクセサリーや食器のデザインにいたるまで、生活の中のアートとして様々な表現を手がけている。おもな著作に『Lの贈り物』(講談社出版文化賞ブックデザイン賞)『デューク』(江國香織・文)『わたしの時間旅行』『マイ・ストーリー』『ふしぎの国のアリス 新装版』『山本容子の姫君たち』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

雪だるまというものに、ずっと親近感を持っていました。あの、見るからに動きにくそうな体つき、やがて溶けてしまうということ、降ったばかりの雪はあんなに美しくてみずみずしいのに、雪だるまになってしまうと、あとは汚れていく一方だということ(そして、でも勿論、外気にふれていない内側の雪は──もしぱっくり割れば──美しいままのはずだ、ということ)。
俊敏な動作というものと無縁で、できないことが多く、夏が苦手だった私は、雪だるまと自分をすこし似ていると思っていました。体長10センチくらいの小さなものを作って、こっそり冷凍庫にしまっておいたりしたものでした。
でも、それはみんな、人が作った雪だるまの話です。もし、天然の雪だるまというものがいたら、それは自由にのびやかに動けるかもしれない。そう思いました。生き物の皮膚としての雪なら汚れたりもしないはずです。まっ白な、生命も感情も持った雪が自在に動きまわる。その考えに、私は魅了されました。
書かなくちゃ。そしてそう思いました。私には野生動物を造りだすことはできませんけれど、紙の上でならできます。雪子ちゃん。名前が最初に浮かびました。私のなかで、その雪だるまは雪そのものなので、他の名前は考えられなかったのです。
私が最初に書いたメモはこうです。

* 雪子ちゃんは雪でできている。
* 雪子ちゃんは一人で生まれ、一人で暮らす(でもたくさん出会う)。
* 雪子ちゃんにはできないことがたくさんある。でも、強い気持ちで生きていく。

ほとんど全編雪景色というこの地味な物語に、山本容子さんがひんやりした美しい版画をつけて下さったこと、跳びはねたいほど嬉しいです。
雪子ちゃんが、たくさんの人の心のなかに──そして勿論本棚に──居場所をみつけてくれますように。

江國香織

雪だるまの雪子ちゃん
雪だるまの雪子ちゃん