icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂1

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

画像を拡大する

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂1

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

作: 廣嶋玲子

絵: jyajya

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2013)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 150
ISBN 978-4-03-635610-2
NDC 913
発売日 2013年5月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

  • 購入
    • Amazon
    • 全国書店ネットワーク e-hon
    • EhonNavi
    • エルパカ
    • 紀伊國屋書店
    • 7net
    • TSUTAYA
    • honto
    • Honya Club
    • 楽天
    • ヨドバシカメラ
  • 電子版を購入
    • amazon kindle
    • Book Live
    • 楽天kobo
    • Reader Store
    • iBooks
    • honto
    • dマーケット
    • Kinoppy
    • ebook japan
    • ブックパス
    • BOOK WALKER
    • GALAPAGOS STORE
    • ※ 書店によって取扱いがない場合があります。
    • ※ 紙の本と価格が異なる場合があります。

紹介記事へ(Kaisei web)

特設サイト

内容紹介

ふしぎな駄菓子屋で売っているふしぎな駄菓子が持つパワーとは?女主人紅子が、きょうもお客さんの運命を駄菓子で翻弄する。

著者紹介

廣嶋玲子

神奈川県生まれ。『水妖の森』(岩崎書店)で第4回ジュニア冒険小説大賞、『狐霊の檻』で第34回うつのみやこども賞受賞。作品に『送り人の娘』『おっちょこ魔女先生』(KADOKAWA)、『盗角妖伝』(岩崎書店)、「怪奇漢方桃印」シリーズ(講談社)、「秘密に満ちた魔石館」(PHP研究所)シリーズ、「十年屋」シリーズ(静山社)、「鬼遊び」シリーズ(小峰書店)、「妖怪の子預かります」シリーズ(東京創元社)などがある。

この著者の書籍一覧を見る

jyajya

福岡県生まれ。モバイル事業を中心とした会社で、アプリ制作、コンテンツ制作、サイト運営に携わる。2011年にフリーデザイナーとして独立。現在は、イラスト制作などで、活躍の場を広げている。絵本作品に『2ひきのすてきなおくりもの』(文/廣嶋玲子)がある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

今までで読んだ本の中で、いちばんおもしろかったです。かぞくもこの本が大好きです。お父さんは本がきらいだったけど、この本だけは読めました。これからもがんばってください。たのしみにしています。私はこの本が大好きです。(11歳)

この本は、ぼくが初めてしょうげきをうけた本です。この本を読んでいるとあまりのおもしろさに他の人にもしょうかいしたいと思うようになりました。この本の駄菓子はとてもおもしろいものばかりで、今にもすいこまれそうになりました。この本に出会えて良かった。今では学校の友達にひろめています。(11歳)

子供が学校から借りてきました。私も(母)一緒に読んだところあまりにおもしろく、学校でも人気がありなかなか借りれませんので購入しています。今では私の方が読書が楽しくていろんな本を読んでいます。銭天堂様様です。(11歳・お母さまより)

この本はとてもおもしろいです。この本のおかげで本が好きになりました。本の世界に入っていけて読んでいてとても楽しいです。これからも読み続けたいと思います。(11歳)

姪の子供から借りて読み始めたらおもしろくって、もうすぐ70歳の私もすっかりはまってしまいました。我が孫たちに読ませようとさっそく全巻購入しました。春に他県から越してくる孫たちと共通の話題で盛り上がりそうです。ババ仲間にも口コミしています。ちなみに紅子さんは渡辺直美さんをイメージしてしまいます。(読者の方より)

この本をよんでとてもおもしろかったです。うちのがっこうではとしょしつでうばいあいのようにそのばしょめがけていくので大人気です。わたしがほしかったおかしはドリームドームです。ゆめのせかいにいけるのはとってもたのしそうだったけど、つかったらしっかりルールをまもろうと思いました。アニメ化してほしいです!(9歳)

娘に向けて買ったつもりが、私のほうが引き込まれて、3巻まで読み進んでおります。子どもだけでなく、大人の悩みにも答えてくれる駄菓子の魅力、私の悩みにもぴったりのもの、紅子さんなら出してくれるかしら?笑(40代)

教師をしています。子どもたちがおもしろいと言っていたり、図書室で借りたりしているのを見たりして、気になったので読んでみました。駄菓子を食べたことをきっかけに、ゆかいな話、感動する話、少し怖い話と多様な物語が展開されて、一気に読み進めてしまいました。まだまだシリーズがあるようなのでこれを機にどんどん読んでみたいと思います。(23歳)

ぼくは学校でこの本を借りました。かんたんによめたけど2度、3度、また読みたくなって自分で「銭天堂」を買いました。とてもおもしろく、ふしぎいっぱいでどんどん読みたくなってしまいました。だから次も銭天堂のつづきや新しい本がほしいです。楽しみです。(11歳)

関連記事

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂