icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

直樹とゆう子の物語

屋根裏部屋の秘密

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 208
ISBN 978-4-03-635380-4
NDC 913
発売日 1988年7月

定価: 1,296

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

花姫の山荘でエリコは、祖父の遺言で屋根裏部屋に残されていた七三一部隊にまつわる恐ろしい資料を見つけた。

著者紹介

松谷みよ子

東京に生まれる。1951年『貝になった子ども』で児童文学者協会新人賞を受賞以来、国際アンデルセン賞優良賞、野間児童文芸賞、赤い鳥文学賞、日本児童文学者協会賞等を受賞。著書には「松谷みよ子の本」(全10巻・研究編1巻)『龍の子太郎』『ちいさいモモちゃん』『死の国からのバトン』など多数がある。2015年逝去。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

読み終わったとたん涙がでました。日本でもこんなことをやっていたなんて!この本をたくさんの人に読んでほしいと思いました。戦争はやってはいけないものだと改めて実感しました(vn)

関連書籍