icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

わたしの研究7

タガメはなぜ卵をこわすのか?

タガメはなぜ卵をこわすのか?

画像を拡大する

わたしの研究7

タガメはなぜ卵をこわすのか?

文: 市川憲平

絵: 今井桂三

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2000)
  • 中央児童福祉審議会・推薦文化財(2001)
  • 産経児童出版文化賞(2000)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 伝記・ノンフィクション
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 158
ISBN 978-4-03-634670-7
NDC 460
発売日 1999年10月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

タガメの〈生き方〉を研究するうちに、世界で初めて昆虫界での「利己的遺伝子」を解明した著者が、水生昆虫の生態を紹介します。

著者紹介

市川憲平

1950年生まれ。東京水産大学増殖学科卒業。1991年、タガメの繁殖戦略に関する研究で京都大学理学博士。現在、姫路市立水族館主任水生生物専門員。水族館での業務のかたわら、ビオトープづくりなど、里山の自然を保全、復活させるための活動や、環境教育活動に尽力している。著書に『タガメはなぜ卵をこわすのか?』『親子関係の進化生態学』『昆虫と会おう』『滅びゆく日本の昆虫50種』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

タガメはなぜ卵をこわすのか?
タガメはなぜ卵をこわすのか?