icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ケンの戦場日記

ぼくの沖縄戦

ケンの戦場日記

画像を拡大する

ケンの戦場日記

ぼくの沖縄戦

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 伝記・ノンフィクション
サイズ(判型) 21cm×16cm
ページ数 206
ISBN 978-4-03-634080-4
NDC -
発売日 1985年5月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

太平洋戦争末期、国内で唯一の地上戦が展開され、20万人以上の死者をだした沖縄戦。その悲劇を少年ケンの目を通して描く。

著者紹介

久手堅憲俊

1931年、沖縄県首里に生まれる。那覇市役所奉職後、親子映画会を結成、事務局長を勤める。沖縄県子どもの本研究会前事務局長。著書には『沖縄戦と平和教育』『沖縄戦をみつめて』『ケンの戦場日記―ぼくの沖縄戦』ほか。

この著者の書籍一覧を見る

上西康介

1920年、奈良県に生まれる。大阪市立工芸卒業後、大阪中之島洋画研究所に学ぶ。新聞・週刊誌・雑誌などのさしえを執筆、単行本の装幀も手がける。作品に『ケンの戦場日記―ぼくの沖縄戦』がある。

この著者の書籍一覧を見る

ケンの戦場日記
ケンの戦場日記