icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ドリーム・アドベンチャー

ピラミッドの迷宮へ

ドリーム・アドベンチャー

画像を拡大する

ドリーム・アドベンチャー

ピラミッドの迷宮へ

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2007)
  • 日本図書館協会選定図書(2007)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 226
ISBN 978-4-03-631550-5
NDC 933
発売日 2007年4月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

古代エジプトからやってきた少年アテンと、夢見がちな小学生サイが、夢と時間と学校を舞台にかけめぐる、冒険ファンタジー。

著者紹介

テレサ・ブレスリン

スコットランド生まれ。図書館の司書として働くかたわら、執筆活動をはじめる。いじめや失読症、歴史などを題材に作品を発表、ドラマ化されるなど高い評価を受けている。『Whispers in the Graveyard』でカーネギー賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

もりうちすみこ

福岡県生まれ。九州大学教育学部卒業。訳書『ホリス・ウッズの絵』が産経児童出版文化賞に、訳書『真実の裏側』が同賞推薦図書に選ばれる。他の訳書に『ドリーム・アドベンチャー』『ペニー・フロム・ヘブン』『サリーの帰る家』『キルトにつづる物語』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

古代エジプトは、遺跡の大きさ、豊富さ、見た目のわかりやすさの点で、子どもを歴史に誘う格好の素材だ。まして、それがアドベンチャーストーリーとなっていれば……。
作者テレサ・ブレスリンは、歴史を題材とした作品が得意な作家で、ピラミッド、石墓、アンクなど、エジプト文明のエッセンスを巧みにストーリー展開に利用し、悲劇的な運命を背負った王様を、生身のエジプト人少年アテンとして、現代イギリスの少年やクラスメート、家族とおもしろおかしく絡ませる。私もすっかりこのアテン少年に魅せられ、カイロ博物館であの有名な玉座を見たときは「アテン、ここにいたのね……」と思わず叫びそうになったほどだ。
さらに、少年王アテンをそれとは知らず、夢の世界から連れ出してしまう落ちこぼれの少年サイが実にいい。絵は上手いのに字は苦手。想像が勝手にどんどんふくらんでいって、いつの間にかあっちの世界に入り込み……。いる、いる、こんな男の子。いかにもぼうっとした風貌にもかかわらず、頭の中はすこぶる伸びやかに活動しているのだが、彼らが、自らの天駆ける想像力と、逆上がりひとつできない忘れ物常習犯という日常とのギャップに、いかに悩まされ、日々人間的な努力をしていることか! 大器晩成がよしとされていた時代には、たいした問題もなく大人になれたこんな子どもたちを絶滅させないために、世の大人たちも是非このサイ少年を知ってほしい。
今回、画家のかじりみな子さんは、エジプト文明を調べに調べ、ストーリーの躍動感と史実とを見事にマッチさせた挿絵を描いてくれた。「あの場面を描くとしたら、ここからの眺めしかない」と私が現地で考えたとおりの挿絵ができていたのには、本当に驚いた。どんなエジプトマニアの子どもも、満足してくれると思う。
最後にお願い。アテンの正体がわかっても、ほかの人に漏らさないでくださいね。約束ですよ。(もりうちすみ)

ドリーム・アドベンチャー
ドリーム・アドベンチャー