icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫2100

新版 日本のむかし話3

浦島太郎ほか全17編

新版 日本のむかし話3

画像を拡大する

偕成社文庫2100

新版 日本のむかし話3

浦島太郎ほか全17編

作: 坪田譲治

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2008)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 文庫 > 民話・童話集・古典
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 192
ISBN 978-4-03-551000-0
NDC 913
発売日 2007年11月

定価:本体価格 700円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

漁師の浦島太郎がおとひめのいる竜宮城に招かれる「浦島太郎」のほか、「はなたれ小僧さま」など17編を収録。素朴な語り口でつづられる昔話の決定版。総ルビ、豊富なさし絵で読みやすい。

著者紹介

坪田譲治

1890年岡山県に生まれる。早稲田大学英文科卒業。1926年『河童の話』で文壇に出て以来、多くの小説、童話を執筆しつづけ、『子供の四季』で新潮社文芸賞、『坪田譲治全集』で日本芸術院賞を受賞。「びわの実学校」を主宰した。著書に『坪田譲治童話全集』など。1982年没。

この著者の書籍一覧を見る

新版 日本のむかし話3
新版 日本のむかし話3