icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2017)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 193
ISBN 978-4-03-540530-6
NDC 933
発売日 2016年11月

定価:本体価格 1,600円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

「不思議を売る男」で知られるイギリスの女流作家が、有名バレエ作品を物語にしました。「白鳥の湖」「くるみわり人形」など、舞台を演出するように綴られた10編のバレエ物語は、読む人を夢の世界に誘います。
翻訳は舞台や舞踊に造詣が深い井辻朱美氏。ひらいたかこさんの華麗な絵も見どころです。

著者紹介

ジェラルディン・マコックラン

1951年、イギリスに生まれる。本名ジェラルディン・ジョーンズ。出版社につとめたのち、作家となる。作品に『ジャッコ・グリーンの伝説』『海賊の息子』『空からおちてきた男』『ペッパー・ルーと死の天使』など多数。また翻案作品に『シェイクスピア物語集』がある。『不思議を売る男』でカーネギー賞とガーディアン賞を同時受賞。

この著者の書籍一覧を見る

ひらいたかこ

1980年、絵本『ある朝ジジ・ジャン・ボウはおったまげた!?』でデビュー。書籍を中心にCMのイラストやグッズ、カレンダー、CDジャケットなど、多ジャンルにわたり活躍。ミステリ文庫のカバーイラストの仕事も多い。児童書のさし絵に『りんご畑の急行列車』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

井辻朱美

1955年東京生まれ。東京大学大学院比較文学科修了。著書に『風街物語』、評論集『夢の仕掛け』、訳書に『妖精王の月』『歌う石』『ドルイドの歌』『夏の王』『影の王』などがある。現在白百合女子大学助教授。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

名前だけは知っているけれど、どんなお話だったかはさだかではない。
そういうこと、よくありますよね。
とくに踊りですべてが表現されるバレエは、実際に舞台をみても「これはいったいどういうことなのだろう」と思うこともしばしばです。
本作では、有名バレエ作品を舞台の雰囲気そのままに物語化しています。
物語を知れば、きっともっと面白いバレエの世界、ぜひお楽しみください。

バレエ物語集
バレエ物語集