icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

七つの怪談

まよわずいらっしゃい

七つの怪談

まよわずいらっしゃい

画像を拡大する

七つの怪談

まよわずいらっしゃい

七つの怪談

作: 斉藤洋

絵: 奥江幸子

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2010)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2010)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 174
ISBN 978-4-03-540370-8
NDC 913
発売日 2010年7月

定価: 1,296

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

会員それぞれが自作の怪談を披露しあう〈怪談クラブ〉。ぞっとする話から切ない話、滑稽な話まで、多彩な怪談をご堪能ください。

著者紹介

斉藤洋

1952年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。おもな作品に「白狐魔記」シリーズ、「イーゲル号航海記」シリーズ、『ジーク』『ひとりでいらっしゃい 七つの怪談』『アルフレートの時計台』『遠く不思議な夏』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

奥江幸子

東京都生まれ。立教大学文学部英米文学科卒業。英会話を教えるかたわら油絵を描き、各所で個展を開く。書籍の挿絵の仕事に、斉藤洋とコンビを組んだ『ひとりでいらっしゃい』『うらからいらっしゃい』『サマー・オブ・パールズ』がある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

 私が「七つの怪談」シリーズの第一弾『ひとりでいらっしゃい』の挿絵を描いたのは、16年も前のことです。なぜ私のようなド素人が描くことになったのかと不思議に思う方は、斉藤先生の著書『童話作家はいかが』(講談社)にそのいきさつが書かれていますので、ぜひそちらを読んでください。第二弾『うらからいらっしゃい』が出版されたのはその10年後。そしてさらに6年経った今回、めでたく第三弾『まよわずいらっしゃい』ができあがりました。ストーリーの上では夏休みの8月から10月までのわずか3ヶ月間の出来事なのですが……。

 ところで、登場人物の西戸先生はじつは、ここだけの話、斉藤先生ご本人がモデルなのです。証拠その1は、研究室。私は『ひとりでいらっしゃい』の挿絵を描くとき、斉藤先生の大学の研究室に取材につれていかれました。だから学生たちが集まって怪談を語り合うあの部屋は、斉藤先生の研究室そのものです。証拠その2は、ラーメン屋さん。『まよわずいらっしゃい』の第四話に登場するラーメン屋の出前のおじさんは、まるで歯医者さんのような姿ですが、実際にあんな風な人なのです。私は最初、いかにもラーメン屋の出前のお兄さんといった感じの人をイメージして描いたのですが、「こうじゃないんだなあ」と先生にいわれ、取材に連れていかれたのは大学近くのラーメン屋さんでした。私はそこでタンメンとギョウザをごちそうになりながら、店のご主人を観察しました。本に出てくる冷やし中華は斉藤先生の好物にちがいありません。

 それから思い出すのは、はじめて表紙を描いたときのことです。私は怪談だからなるべく恐く、と思い、「むらさきばばあ」が大口を開けてこちらを向いて立っている絵を描いてみましたが、却下! たしかに「いらっしゃい」シリーズはおどろおどろしい怪談ではありません。そこで次は、お話のモチーフとなるものを7つの怪談からそれぞれ抜き出して図案化し、貼り絵にしてみました。すると、抑えた中に不穏さがうまれ、文章の雰囲気にぴたりとくる表紙になりました。

 いま、シリーズが三冊出そろい、テーブルに並べてみると、すべてのお話が表紙から立ち上がって来るように思えます。どれもこわいお話なのに、こわいだけではない、やっぱり斉藤洋ワールド全開の、ひと味ちがう怪談たちです。(奥江幸子)

まよわずいらっしゃい
まよわずいらっしゃい