icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

物語は4つの顔をもつ

きっと、物語はよりそう

きっと、物語はよりそう

画像を拡大する

物語は4つの顔をもつ

きっと、物語はよりそう

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 150ページ
ISBN 978-4-03-539830-1
NDC 913
発売日 2020年1月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ストーリーの展開を4つのタイプに分けて編集した作品集。本を読みたい気分は、その時々でちがうはず。各巻のタイトルを見てもわかるとおり、たとえば、おだやかな気持ちになりたいときは、『きっと、物語はよりそう』、ハッピーエンドのお話がしっくりこないときは、『さらに、物語は迷いこむ』というように、今までにない視点で本を選べる。短編集なので手に取りやすく、気軽に小説の面白さに触れられる。

 

〈掲載作品〉

「関根って苦手」次良丸忍
「ぬくぬくの百円玉」服部千春
「バーチャルな初恋」工藤純子
「瀬尾くんと歩く」中山聖子
「シッポ友だち」吉田桃子
「川のあるじ」最上一平

著者紹介

日本児童文学者協会

子どもの本の作家、詩人、翻訳家、評論家などが集まっている全国的な団体。子どもの本についての講座や、雑誌の発行、作品募集などの活動を行っている。毎年夏には、幼児から中学生を対象とした「子ども創作コンクール」も実施。

この著者の書籍一覧を見る

きっと、物語はよりそう
きっと、物語はよりそう