icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

児童文学 10の冒険

なぞの扉をひらく

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 250
ISBN 978-4-03-539790-8
NDC 913
発売日 2018年11月

定価: 2,376

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

過去20年の日本児童文学のなかから、時代を反映した作品、文学賞を受賞した作品を精選したアンソロジー。なぞをテーマに4作品を収録した。

解説 土居安子
香月日輪「地獄堂と三人悪と幽霊と」
那須正幹『お江戸の百太郎』から「お千賀ちゃんがさらわれた」
斉藤 洋『ひとりでいらっしゃい』から「信二のつり竿」
富安陽子『ムジナ探偵局 名探偵登場!』

著者紹介

日本児童文学者協会

子どもの本の作家、詩人、翻訳家、評論家などが集まっている全国的な団体。子どもの本についての講座や、雑誌の発行、作品募集などの活動を行っている。毎年夏には、幼児から中学生を対象とした「子ども創作コンクール」も実施。

この著者の書籍一覧を見る

なぞの扉をひらく
なぞの扉をひらく