icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ぼくんちの海賊トレジャ

ぼくんちの海賊トレジャ

画像を拡大する

ぼくんちの海賊トレジャ

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 128ページ
ISBN 978-4-03-530750-1
NDC 913
発売日 2019年6月

定価: 1,296

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ぼくんちに突然、海賊があらわれたんだ!
しかもぼくととなりの犬チロにしか見えない。
トレジャと名のる、らんぼうな海賊だ。
「この世の果てにあるという青くて四角でうたうもの」を
さがしにやってきたんだって。
ぼくもいっしょにさがすはめになった。
トレジャはらんぼうで、大食いで、
デリカシーがなくて、気がみじかくて、
しかも海賊だから、
人のものをうばってもおかまいなし!

著者紹介

柏葉幸子

岩手県に生まれる。東北薬科大学卒業。『霧のむこうのふしぎな町』で、日本児童文学者協会新人賞を受賞。『ミラクルファミリー』で産経児童出版文化賞、『牡丹さんの不思議な毎日』で産経児童出版文化賞大賞、『つづきの図書館』で小学館児童出版文化賞。ほかに『とび丸竜の案内人』『大おばさんの不思議なレシピ』『ドードー鳥の小間使い』『バク夢姫のご学友』等多数のファンタジー作品を発表する。

この著者の書籍一覧を見る

野見山響子

1978年埼玉県に生まれる。東京農業大学応用生物科学部バイオサイエンス学科卒業。在学中から版画制作をはじめる。イベント会社勤務を経てフリーのイラストレータになる。ゴム版画によるイラストレーションを制作。挿絵に、『アヤカシさん』『リンちゃんとネネコさん』などがある。埼玉県在住。 ホームページ https://www.kyokonomiyama.com

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

日本を代表するファンタジー作家柏葉幸子さんの描き下ろしファンタジーです。主人公は小学校4年生の男の子、良太です。ある日とつぜん、マンガの中の登場人物である海賊トレジャが現れ傍若無人にふるまいます。トレジャの自分勝手で乱暴な言動に困り果てる良太ですが、それでもいつのまにかトレジャが好きになっていきます。自分の苦手なタイプの相手を好きになっていく過程がユーモラスに語られます。

ぼくんちの海賊トレジャ
ぼくんちの海賊トレジャ