icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

小さな小さな虫図鑑

よくいる小さい虫はどんな虫?

画像を拡大する

小さな小さな虫図鑑

よくいる小さい虫はどんな虫?

写真・文: 鈴木知之

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 知識の本 > 理科に役立つ本
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 144ページ
ISBN 978-4-03-528530-4
NDC 486
発売日 2017年12月

定価: 2,160

【偕成社在庫:わずか】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

日本には3万数千種の昆虫が知られていますが、じつはその多くは体長が5mm以下で、2~3mmしかない種も少なくありません。でもこれは日本の昆虫にかぎったことではなく、100万種以上が知られる世界の昆虫をみても、大部分は小さな虫たちです。

小さな虫のなかには、かっこいい姿をしているものや、とても美しいものがいます。また、行動がおもしろい虫もいて、小さいからといって、この虫たちを知らないままでいる手はありません。

この本は、身近な場所にいる5mmぐらいまでの虫を200種以上集めて紹介する、世界初の『小さな小さな虫図鑑』です。虫の小ささが実感できるように工夫し、それぞれの虫の特徴や、さがしにいくときに役だつ情報をわかりやすく解説しています。すぐ近くにいる、小さな虫の世界を、のぞいてみませんか。

著者紹介

鈴木知之

1963年、埼玉県越谷市生まれ。昆虫写真家。國學院大學卒業。1991年より青年海外協力隊としてパプア・ニューギニアに赴任し、アレクサンドラトリバネアゲハの保護活動をおこなう。1993年に帰国後、昆虫写真家として、日本だけでなく、東南アジアやオーストラリアの熱帯雨林などでも撮影を続けている。著書に『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』『新カミキリムシハンドブック』『虫の卵ハンドブック』、『熱帯雨林のクワガタムシ』、『外国産クワガタ・カブトムシ飼育大図鑑』、『世界のクワガタムシ生態と飼育』(共著)、『ゴキブリだもん』、『ずかん さなぎ』、『小学館の図鑑NEO カブトムシ・クワガタムシ』(特別協力)、『カラー版徹底図解 昆虫の世界』(共著)、『日本産幼虫図鑑』『コガネムシ上科標準図鑑』(共著)などがある。

この著者の書籍一覧を見る