icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

リスのたんじょうび

リスのたんじょうび

画像を拡大する

リスのたんじょうび

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 19cm×16cm
ページ数 130ページ
ISBN 978-4-03-521360-4
NDC 993
発売日 2018年9月

定価: 1,512

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

なにもわすれることがないように、リスは家じゅうのかべに、小さな紙きれをはっておきました。そのうちのひとつ、すみっこのほうの紙きれには「ぼくのたんじょうび」と書いてあります。
「ほんとうだ! もうすこしで、わすれるところだったよ! ぼくのたんじょうびを……」
待ちにまった当日、リスは招待した動物たちにたくさんのケーキをふるまい、いっしょにダンスをおどり、とびきりすてきな1日をすごすのですが……。

わすれっぽいリスの、わすれられない夜を描いた表題作「リスのたんじょうび」と、8つの小さな物語。オランダの国民的作家がおくる、宝物のような短編集です。

著者紹介

トーン・テレヘン

1941年生まれ。作家、詩人、医師。1984年に幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行後、動物を主人公とした物語を50作以上発表し、文学賞を多数受賞。2016年には、邦訳刊行された『ハリネズミの願い』で本屋大賞翻訳小説部門を受賞した。その他の邦訳作品に『きげんのいいリス』『おじいさんに聞いた話』や、絵本『小さな小さな魔女ピッキ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

野坂悦子

1959年生まれ。翻訳家。2002年『おじいちゃん わすれないよ』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。『第八森の子どもたち』『ネジマキ草と銅の城』、『きつねのフォスとうさぎのハース』、『100時間の夜』、『とんがりぼうしのオシップ』など、訳書は100を超える。創作作品に『ようこそロイドホテルへ』など。紙芝居文化の会で海外統括委員も務める。

この著者の書籍一覧を見る

植田真

1973年静岡県生まれ。雑誌『イラストレーション』の「ザ・チョイス」98年度グランプリを受賞。書籍装画、挿絵、CDジャケット、広告など幅広い分野で活躍している。挿絵を手がけた作品に『絵描きの植田さん』『はじめて考えるときのように』『雨ふりマウス』がある。

この著者の書籍一覧を見る

リスのたんじょうび
リスのたんじょうび