icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

斉藤 洋の落語シリーズ

らくごで故事成語笑辞典

らくごで故事成語笑辞典

画像を拡大する

斉藤 洋の落語シリーズ

らくごで故事成語笑辞典

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 21cm×16cm
ページ数 126ページ
ISBN 978-4-03-516840-9
NDC 913
発売日 2019年3月

定価: 1,080

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

今回は故事成語にまつわる、おもしろいおはなしを、
落語家の西東亭ひろし丸が語ります!
故事成語とは、かんたんにいうと、
中国の古いお話からできた、ことわざみたいなもののこと。
「五十歩百歩」「蛍雪の功」「矛盾と蛇足」「蟷螂の斧」という
有名な故事成語をテーマにした創作落語4話と、
巻末に作中登場する、故事成語、ことわざ、四字熟語、慣用句などをまとめた
「おまけの故事成語笑辞典」を収録しています。
児童文学の名手・斉藤洋の言葉遊びたっぷりの自在な語りと、
たごもりのりこによるほのぼの、ゆかいなさし絵で、
お話をたのしみながら、基本的な故事成語が学べます。

おかしな学校のおかしな行事をえがいた第一弾『らくごで笑学校』
うっかりおかしな病院に入院してしまった一郎くんが主人公の第二弾『らくごで笑児科』
「犬も歩けば棒にあたる」「二階から目ぐすり」などことわざがテーマの第三弾『らくごでことわざ笑辞典』につづく
シリーズ第四弾です。

著者紹介

斉藤洋

1952年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。おもな作品に「白狐魔記」シリーズ、「イーゲル号航海記」シリーズ、『ジーク』『ひとりでいらっしゃい 七つの怪談』『アルフレートの時計台』『遠く不思議な夏』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

らくごで故事成語笑辞典
らくごで故事成語笑辞典