icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ゆみ子とつばめのおはか

ゆみ子とつばめのおはか

画像を拡大する

ゆみ子とつばめのおはか

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 23cm×19cm
ページ数 78
ISBN 978-4-03-511080-4
NDC -
発売日 1971年9月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:わずか】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

作者の体験から描かれた、広島の原爆にまつわる物語。登校の途中で閃光にあったゆみ子は、生き地獄と化した街をさまよいます。

著者紹介

今西祐行

1923年、大阪に生まれる。早稲田大学仏文科卒業。著者に『ハコちゃん』『そらのひつじかい』『ゆみ子とつばめのおはか』『肥後の石工』(国際アンデルセン賞国内賞・日本児童文学者協会賞他)『浦上の旅人たち』(野間児童文芸賞他)『光と風と雲と樹と』(小学館文学賞)『すみれ島』などがあり『今西祐行全集』(全15巻)に集大成される。2004年没。

この著者の書籍一覧を見る

遠藤てるよ

1929年東京に生まれる。1950年頃より絵本・児童書のさし絵の仕事にたずさわり、1961年小学館絵画賞を受賞する。主な作品に『なしとりきょうだい』『おやゆびひめ』『ゆみ子とつばめのおはか』
などの絵本がある。

この著者の書籍一覧を見る

ゆみ子とつばめのおはか
ゆみ子とつばめのおはか