icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

いたいのかいじゅう

いたいのかいじゅうはいしゃさんぺるるん

いたいのかいじゅうはいしゃさんぺるるん

画像を拡大する

いたいのかいじゅう

いたいのかいじゅうはいしゃさんぺるるん

作・絵: キヨノサチコ

受賞歴:

  • 日本子どもの本研究会選定図書(2005)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2005)
対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 21cm×16cm
ページ数 78
ISBN 978-4-03-460290-4
NDC 913
発売日 2005年7月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:わずか】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

「とんでけ~」ととばした「いたいの」を食べるかいじゅうが絵本の中から飛び出してきた。マーと友だちになり歯医者で大活躍!

著者紹介

キヨノサチコ

1947年東京に生まれる。1976年に『ノンタンぶらんこのせて』でデビュー。子どもたちにとって友だちのようなノンタンは、たちまち大人気に。著書は 〈ノンタン〉シリーズのほかに、〈トムトム・ブー〉シリーズ、幼年童話「いたいのかいじゅう」シリーズがある。ノンタンは3Dのアニメーションにもなっている。2008年逝去。生前、「幼い子どもにとっては作者がだれであろうと関係ない。自分がいなくなったあとも、子どもたちの中でノンタンが生き続けてくれたらうれしい。」と、繰り返し話されていました。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

笑って笑って~♪ たくさんたくさん楽しんで~☆
大喜びすると、子どもの心は、無限大に広がります。
子どもたちが夢と希望を心に抱き、その無限大の広がりの中を自分自身を信じて力強く生きていってほしい、そんな願いを込めて、この「いたいのかいじゅう」を書きました。

「いたいのかいじゅう」のモデルは、我が家にいた愛犬ドーベルマンのコロです。
コロは、当時小学生だった息子が学校から帰ってくる時間が、なぜかわかって、その時間になると急にそわそわし始め、庭の裏木戸の前で足踏みするようにして待つのが、日課になっていました。
息子が帰ってくると、庭中転げまわり、チャンバラごっこをしたり、鬼ごっこしたり、かくれんぼしたりして、遊びまわるのです。息子がいたずらして怒られると、コロはいたたまれず悲しそうな顔をして、芝生の上を行ったりきたりと、おろおろしていました。
そんなコロと息子の遊ぶ姿が、私の中でどんどん膨らんで、この話の元となりました。

マーはちょっと弱虫で、好奇心旺盛、遊ぶの大好きな、どこにでもいる普通の男の子です。いたいのかいじゅうコロと遊んだり冒険したりしているうちに、嫌なこと、恐いことなどから逃げ出さず、立ち向かい克服していけるようになります。
この本を読んだ子どもたちも<マーといっしょに強くなぁ~れ!>という、私の夢と願いをめいっぱい盛り込みました。
大空を見上げて、自分自身の心も無限大に広げ、子どもたちの心の広がりに負けないようにして、「どん、どん、どん、どん……つよくなれ!」と祈って、書き上げました。(キヨノサチコ)

いたいのかいじゅうはいしゃさんぺるるん
いたいのかいじゅうはいしゃさんぺるるん