icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

へんてこもりのはなし4

へんてこもりのきまぐれろ

へんてこもりのきまぐれろ

画像を拡大する

へんてこもりのはなし4

へんてこもりのきまぐれろ

作・絵: たかどのほうこ

対象年齢 5歳から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 21cm×16cm
ページ数 88
ISBN 978-4-03-460260-7
NDC 913
発売日 2003年11月

定価: 972

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ホンリエーヌちゃんが読んでいた本から逃げだしたきまぐれろをさがす、まるぼと仲よし4人組。きまぐれろは本に戻ってくるのか?

著者紹介

たかどのほうこ

函館市生まれ。『へんてこもりにいこうよ』『いたずらおばあさん』で路傍の石幼少年文学賞、『十一月の扉』『おともださにナリマ小』で産経児童出版文化賞を『わたしたちの帽子』で赤い鳥文学賞・小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。その他の作品に『すてきなルーちゃん』『トランプおじさんとペロンジのなぞ』『お皿のボタン』、「つんつくせんせい」シリーズ、『紳士とオバケ氏』『まあちゃんのながいかみ』『ねこが見た話』、「ゆかいなさんにんきょうだい」シリーズ、『ピピンとトムトム』などがある。札幌市在住。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです



 『へんてこもり』というのは、ヘンテ・コスタという名の、まじめなおじさんが作った『ヘンテ・コスタの森』の「あだな」であって、へんてこな森のことではありません。それなのに、時がたつにつれ、森はとてもとてもへんてこな場所になってしまいました。きっと、そう呼ばれ続けたことで、「物」が 「言葉」に近づいていったのでしょうね。言葉の力の不思議さよ!−−なんちゃって。でも実際、この森のへんてこさは、言葉の不思議さと無縁ではありません。そもそも、森の中でしりとりに詰まった子がでたらめに「まるぼ!」と言ったとたん、「まるぼ」という言葉が、動物に姿を変えて現れたのが、お話の始まりなのですから。

そんな調子でお話は二作三作と続き、今回できたのが、四作目『へんてこもりのきまぐれろ』というわけです。



 『きまぐれろ』というのですから、もちろん、きまぐれな子の話なのですが、如何せんきまぐれなので、いたと思うともういない、といった調子で、なかなか姿を現しません。むしろ、その子を追い求めて、森の中を進む捜索隊の話というべきかも知れません。ま、捜索隊などといっても、『金のがちょう』みたいに、ずらずらずらずらつながってただ走るだけなんですけど。でも、仲間になって走っている気分で書いているうち、おめでたいことに、私はすっかり楽しくなってしまい、あ、これなら読んでくれる子どもたちも、きっと楽しんでくれるぞ、と少し自信を持ったのです。

 そこではずみがつき、「そうだほんとに走って遊んでもらおう!」と、このお話で劇ごっこができるよう歌の節もつけておきました。どうぞ試してみて下さい。登場人物は13人です。(たかどのほうこ)
へんてこもりのきまぐれろ
へんてこもりのきまぐれろ