icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ミッチの道ばたコレクション

ドラねこまじんのボタン

対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 21cm×16cm
ページ数 79ページ
ISBN 978-4-03-439450-2
NDC 913
発売日 2020年10月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

なんでもあつめるのがすきなミッチが
ある日、ひろったのは
ねこのかおが かいてある ちいさな ボタン。
ふくにつけて こすってみたら ドラねこまじんが あらわれた!
コレクションが ふしぎをまきおこす シリーズ第2弾

 

ミッチは、花の種やきれいな石ころなど、道ばたでひろったものをコレクションしている男の子。
おとうさんと図書館へ行った帰り道、どこかから落ちてきたボタンをひろいます。ボタンにはねこのかおの絵が描いてありました。
ボタンを気に入ったミッチをみて、おとうさんがミッチのシャツにボタンをつけてくれます。すると、シャツにあったアイスクリームの柄がなくなり、不思議に思ったミッチがボタンをくすぐると、そこからドラねこまじんがあらわれたのでした。

おなかいっぱいにしてくれたら、なんでも願いをかなえる、というねこまじん。ちょっとあやしいねこまじんと、ミッチは、食べもの柄の服をさがしに買い物へいくのですが……。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ぼくは それをひろって おとうさんに たずねた。
「なんだろう、これ。」
「ふくにつける ボタンみたいだね。ほら、うらがわを みてごらん。」
「ほんとだ、糸をとおす あなが ついてる!」
それにしても、かわったボタンだなあ。
ねこのかおが かいてあるボタンなんて、はじめてみた。
(本文より)

著者紹介

如月かずさ

1983年、群馬県生まれ。『サナギの見る夢』で講談社児童文学新人賞佳作、『ミステリアス・セブンス―封印の七不思議』でジュニア冒険小説大賞を受賞。作品に『カエルの歌姫』(日本児童文学者協会新人賞)『ラビットヒーロー』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

コマツシンヤ

1982年高知県生まれ。漫画家・イラストレーター。2004年に「睡沌気候」でデビュー。同年、アックスマンガ新人賞・本秀康個人賞を受賞。漫画に『睡沌気候』『8月のソーダ水』『午后のあくび』など、絵本に『カタツムリ 小笠原へ』『デタラメ研究所』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

「ミッチの道ばたコレクション」第2弾は、ふしぎなボタンが、コレクションにくわわります。ねこの顔が描かれたボタンには、思わぬ秘密があったのでした!

『セミクジラのぬけがら』から続くお話、お楽しみください。

ドラねこまじんのボタン
ドラねこまじんのボタン