icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_instagram_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_mail_01 icon_arrow_down icon_link icon_error icon_download icon_book

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

定価(本体価格) 1,300円+税
偕成社在庫 わずか
対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 23cm×25cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-435150-5
NDC 726
発売日 2020年3月

内容紹介

主人公のランカは、花や緑あふれるふるさとの国から日本にやってきた10歳の女の子。日本語はまったくわかりませんが、日本の小学校に入ることになりました。下駄箱で靴を履き替えたり、体操服に着替えたり、給食があったり……と、ランカが行っていた学校とはちがう毎日にランカは一生懸命ついていこうとするのですが、ある日、ふるさとを思い出して木登りをしたとき、クラスメイトの男の子に足をつかまれて、「なんでひっぱるの」の思いで胸がいっぱいになり、泣き出してしまいます。するともう一人泣きだした子がいました。足をつかんだ男の子です。二人はまだ言葉は十分に分かりあえませんが、このとき、なにかがランカに伝わりました。
主人公ランカのふるさとがどこの国かは明示していません。この絵本は受け入れる側にいる日本のこどもたちに届けたい一冊ですが、日本語を学び始めの子にも読めるよう、文章はすべてひらがなにしています。

編集者より

外国から日本にきた人のきもちが良くつたわってきて言葉がわかるまではたいへんなことが良くわかりました。1人でも多くの外国の人が日本にきて日本を知ってほしいと思いました。(80代)

私は小学校教諭です。これまでにこの作品のように外国から転入してきた児童を担任したことがあります。ランカのように母国との違いに戸惑ったり、言葉が通じなくて悩んだりしている様子も見てきました。そして、それを救ったのは、子どもたちでした。優しくサポートしたり、言葉が伝わらなくても声をかけたりして、大人には出来ないことをあっさりやってしまう。この作品と同じでした。共感するところがとても多かったです。ありがとうございました。(30代・男性)

 

紙書籍を購入する

  • Amazon
  • 全国書店ネットワーク e-hon
  • EhonNavi
  • エルパカ
  • 紀伊國屋書店
  • 7net
  • TSUTAYA
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天
  • ヨドバシカメラ
ランカ にほんにやってきたおんなのこ
ランカ にほんにやってきたおんなのこ