icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった

画像を拡大する

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった

受賞歴:

  • 中央児童福祉審議会・特別推薦(1980)
対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 19cm×16cm
ページ数 27
ISBN 978-4-03-425070-9
NDC -
発売日 1979年1月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

かわいがっているねこの死を悲しむ男の子にお父さんは言った…。小さい読者に、死の概念を思いやりあふれる言葉で伝える絵本。

著者紹介

ジュディス・ボースト

1931年、アメリカのニュージャージー州に生まれる。ラトガーズ大学卒業。詩人、ジャーナリスト、作家として活躍。アメリカで数々の賞を受賞している。作品に、「おばけなんていないさ」などがある。

この著者の書籍一覧を見る

エリック・ブレグバッド

1923年、デンマークのコペンハーゲンに生まれる。コペンハーゲン美術工芸学院卒業。フランス、イギリス、アメリカで画家として活躍。作品に、『あたらしいぼく』『火のうちばこ』『ぼくはねこのバーニーがだいすきだった』がある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

「死」ということを受け入れるための心あたたまるストーリーに動かされました。我が家にも猫が居り、看取る度に色んな事を学んでいます。(50代)

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった
ぼくはねこのバーニーがだいすきだった