icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

わたしの妹は耳がきこえません

わたしの妹は耳がきこえません

画像を拡大する

わたしの妹は耳がきこえません

対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 絵本 > 障がい者を理解する絵本
サイズ(判型) 26cm×21cm
ページ数 30
ISBN 978-4-03-421050-5
NDC 930
発売日 1982年12月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

耳の聞こえない妹のことを、姉が愛情をこめて語る絵本。あたたかい絵と詩のような文で、耳の聞こえない子どもの心の世界を描く。

著者紹介

デボラ・レイ

ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。フィラデルフィア芸術大学、ペンシルヴァニア美術アカデミー、アルバート・C・バーンズ記念財団、ペンシルヴァニア大学で学ぶ。フィラデルフィア・アートディレクター賞受賞。作品に『わたしの妹は耳がきこえません』など。

この著者の書籍一覧を見る

土井美代子

1945年、東京に生まれる。1967年、国際基督教大学(英文学専攻)卒業。出版社勤務を経て、こどもの本の翻訳を始める。「ぼく、哀れみなんかいらないよ」「夏至祭の女王」(筆名・森丘道)などの訳書がある。

この著者の書籍一覧を見る

わたしの妹は耳がきこえません
わたしの妹は耳がきこえません