icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

あるきだした小さな木

画像を拡大する

あるきだした小さな木

作: ボルクマン

絵: セリグ

訳: 花輪莞爾

対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 24cm×20cm
ページ数 68
ISBN 978-4-03-404140-6
NDC 953
発売日 1969年12月

定価: 1,296

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

小さな木は人間と一緒に暮らしたいと思い、森からぬけだして歩き始めました。さまざまな人間に出会って成長する小さな木の物語。

著者紹介

セリグ

フランスのニース生まれ、幼い時から絵で数々の賞をとった。メルボルンに住んだ15才のときヴィクトリアン美術協会賞を受け、さらに全オーストラリア児童最優秀賞を得た現在ジュリエットの筆名で雑誌のイラストレーターとして活躍。その間「あるきだした小さな木」の挿絵で、67年度フランス児童図書最優秀賞、68年度ボローニア児童絵本賞(イタリア)を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

花輪莞爾

1936年東京に生まれる。東京大学大学院文学部仏文科修了。19世紀フランス文学を専攻、創作と翻訳の分野で活躍、国学院大学教授。著書は評伝『坂本龍馬とその時代』、エッセー『猫学入門』、小説に『ガラスの夏』『埋もれた時』『悪魔小劇場』(1)(2)、童話に『リキのずっこけじてんしゃ』『さきんをみつけたリキ』、翻訳に『あるきだした小さな木』など多数ある。

この著者の書籍一覧を見る