icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

よあけ

作: あべ弘士

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×26cm
ページ数 36ページ
ISBN 978-4-03-352120-6
NDC 726
発売日 2021年10月

定価:本体価格 1,500円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

木の葉が赤や黄にそまり、実がたわわにみのる美しい季節。天までとどく木々が森をつくり、そのあいだを川がゆったりと流れている。
あの日、子どもだったわたしは、じいさんと小舟にのっていた。
夕暮れに岸辺でたき火をかこみ、じいさんから森の動物の話を聞く。満天の星の下でねむり、早朝に起きて、また川に舟を出す。
朝靄をすかして見える動物たちのシルエット。やがて山の端から陽が差して、気がつくとわたしは黄金色の中にうかんでいた。

極東シベリアの原生林を流れるビキン川を舞台に、大自然の中でむかえる夜明けをドラマチックに描いた美しい絵本。

著者紹介

あべ弘士

1948年生まれ。元・旭川市旭山動物園飼育係。主な作品に『エゾオオカミ物語』『どうぶつえんガイド』『どうぶつ友情辞典』『ゴリラはごりら』「どうぶつさいばん」シリーズなど。1995年『あらしのよるに』で講談社出版文化賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

よあけ
よあけ