icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error icon_download

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

はじめての梅しごと 梅シロップをつくろう

はじめての梅しごと 梅シロップをつくろう

画像を拡大する

はじめての梅しごと 梅シロップをつくろう

文・絵: 髙野紀子

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2023)
対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 25cm×23cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-350200-7
NDC 596
発売日 2023年4月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

著者インタビューへ(Kaisei web)

内容紹介

「梅しごと」とは、古来から梅の実でさまざまな食べ物、飲み物を作ってきた手仕事の総称です。この本では、その中の「梅シロップ(梅ジュースとよばれることもあります)」の作り方を主に紹介します。梅の実を洗って砂糖とつけ込む、というシンプルなものですが、ひとつずつの工程すべて子どもでもできることで、保育園などで作ることもあるくらい、はじめての手仕事におすすめです。作りながらこの絵本を読めば、梅の実が実るために必要なことなどの知識も補えます。梅の実がどんな風にくふうされて食べられてきたのか、ほかの梅しごとや、梅シロップでできるおいしいもの、なども紹介。

著者紹介

髙野紀子

1954年東京都生まれ。著作に『和の行事えほん』、『着物のえほん』、『テーブルマナーの絵本』、『数え方のえほん』、『日本語オノマトペのえほん』、『やまからのてがみ』など「みのりのえほん」シリーズなど多数。現在都内で絵画教室を主宰。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

つけこんだ梅の実が毎日変化していくさまはとても美しく、ぜひ、見て、読んで、味わっていただけたらと思います。

関連記事

はじめての梅しごと 梅シロップをつくろう
はじめての梅しごと 梅シロップをつくろう