icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

もじかけえほん かな?

もじかけえほん かな?

画像を拡大する

もじかけえほん かな?

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 21cm×21cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-350030-0
NDC 726
発売日 2020年5月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

ここに「あ」の文字があります。じっとながめてみると、そのかたちの特徴が見えてきます。たとえば上の部分だけみると、「お」や「す」、「ま」や「も」にもちょっぴり似ていますね。右半分だけみると、「ち」や「の」にも似ていますし、下半分は、「め」にそっくりです!

文字をたのしむデザインユニット「大日本タイポ組合」のおふたりは、これを見てぱっとひらめきました。

その名も、「もじ」の「しかけえほん」で「もじかけえほん」!
ページをめくると、ふたつの文字からできる言葉と絵がかかれています。たとえば、「いぬ」と書かれたページをめくってみると……なんと「い」が「か」に、「ぬ」が「め」になって、「いぬ」が「かめ」に早変わり!

この本には、そんなめくってびっくりの文字の早変わりが8つ収録されています。そのどれもがアッとおどろく変身のしかたで、おもわず何度もめくりたくなるおもしろさ。文字の魅力がたっぷりつまった、あたらしいしかけ絵本です。

著者紹介

大日本タイポ組合

大日本タイポ組合(だいにっぽんたいぽくみあい) 秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。文字を解体し、組み合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。ロンドン、バルセロナ、東京で個展を開催。知育玩具『TOYPOGRAPHY』の制作も手がける。絵本に『なんでももじもじ』、作品集に『大日本字』がある。

この著者の書籍一覧を見る

もじかけえほん かな?
もじかけえほん かな?