icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

わたしのバイソン

わたしのバイソン

画像を拡大する

わたしのバイソン

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 28cm×20cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-348570-6
NDC 726
発売日 2021年9月

定価:本体価格 1,600円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

少女がバイソンに出会ったのは4歳の春の日。少しずつ心を通わせていったふたりは、それからながい時間をともに重ねていきます。いくつもの冬を越えてつづくしあわせな時間……。ですが、ある冬の雪の日、バイソンは現れませんでした。喪失と、そのあとにおとずれる心のやすらぎを優しさのなかに描いた絵本です。フランス、ル・モンド紙書評で、「このガヤ・ヴィズニウスキ初の絵本は、絵も言葉も繊細で洗練され、まぶしいばかりに美しい」と激賞。

著者紹介

ガヤ・ヴィズニウスキ

1980年ベルギー生まれ。ブリュッセルのサン・リュック学院にて絵を学び、デッサンの教師となる。並行して子どもむけのワークショップなども多数主催。その後絵本作家としての活動を始める。2016年よりフランス南西部のジュール県在住。絵本に "Ours a New York" "Papa, ecoute-moi!" "Chnourka" など。デビュー作の『わたしのバイソン』で4賞受賞。

この著者の書籍一覧を見る

清岡秀哉

1975年東京都生まれ。早稲田大学文学研究科フランス語フランス文学コース修士課程修了。翻訳の仕事に『わたしのバイソン』、装丁の仕事に『切抜帳』『あら、そんなの!』など。映画音楽の制作にも携わる。

この著者の書籍一覧を見る

わたしのバイソン
わたしのバイソン