icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ぼくのうた、なんだっけ?

ぼくのうた、なんだっけ?

画像を拡大する

ぼくのうた、なんだっけ?

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 23cm×21cm
ページ数 41ページ
ISBN 978-4-03-348520-1
NDC 726
発売日 2020年5月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

春。小鳥たちの結婚の季節。歌をうたって仲間をさがします。それなのに、ちいさい小鳥は、自分の歌を忘れてしまいました。ひとりではさびしくて、ちょっと考えてから、くちばしを開いて高らかに鳴くと……その声に応えてやってきたのは、なんと犬でした! あれれ、まちがえちゃったみたい。ええと、ぼくのうた、なんだっけ? それから次つぎとちがう歌をさえずるたびに、ぶたや牛や猫がやってきて……。さまざまな動物たちに励まされながら、思いつく限りの歌をうたう小鳥のもとに、小鳥の女の子はやってくるでしょうか? おっちょこちょいな小鳥と、親切な動物たちとのやりとりが楽しい、ドイツ生まれの絵本。シンプルでユーモアあふれるテキストは、読み聞かせにぴったり! いっしょに読めばきっと、くすくす、あはは! と、じんわり笑いが広がっていくことでしょう。

著者紹介

ヘンドリック・ヨナス

1966年ドイツのカウフボイレン生まれ。アウグスブルクとバルセロナでグラフィックデザインとイラストレーションを学ぶ。現在、イラストレーターとして仕事するほか、オリジナルの絵本を創作している。本書は3冊目の絵本。ベルリン在住。

この著者の書籍一覧を見る

いしかわもとこ

1962年東京生まれ。小4から中1までハンブルクで暮らす。東京外国語大学、東京大学大学院でドイツ文学を専攻。立教大学他非常勤講師。東京子ども図書館お話の講習22期修了。大学ではグリム童話とドイツ語圏の子どもの本について講じ、小学校などでは、お話や読み聞かせをする。訳書に『ゼバスチアンからの電話』『初版グリム童話集』(いずれも共訳)、『くまくん、はるまでおやすみなさい』『クララ先生、さようなら』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

「じぶんのうたを わすれてしまったのです。」と、枝に逆さにぶらさがって、途方にくれる小鳥のかわいさにひとめぼれしました!

ぼくのうた、なんだっけ?
ぼくのうた、なんだっけ?