icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ぼくはきみできみはぼく

ぼくはきみできみはぼく

画像を拡大する

ぼくはきみできみはぼく

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2015)
  • 子供の本研究会・選定図書(2015)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2015)
  • 日本図書館協会選定図書(2014)
対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 24cm×20cm
ページ数 40
ISBN 978-4-03-348290-3
NDC 726
発売日 2014年10月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

あいっていうのは ハガキをだすこと
ほかの ひとに だすよりも たくさん──

ふたごになりたいくらい だいすきな ともだちや、みんなに みてほしい あたらしい ぼうし、みみが ちぎれていても いとしい ぬいぐるみ、などなどについての詩とお話と劇とせりふの本。たのしいイラストもたっぷり。

「愛」と「友情」についての子どもたちの言葉の数々。その豊かなイマジネーションや詩的なみずみずしさをそのままに、ルース・クラウスが文をまとめ、モーリス・センダックが、いまにも動きだしそうな生気あふれる子どもたちのイラストをちりばめた、アメリカのロングセラー絵本。

著者紹介

ルース・クラウス

1901年アメリカ、メリーランド州生まれ。ニューヨークのパーソンズ美術大学を卒業。夫である画家のクロケット・ジョンソンと『にんじんのたね』『しあわせのちいさなたまご』など多くの絵本を共作している。子どもの視点や感性をたいせつにしたテキストは高く評価され、センダックと組んだ『あなはほるもの おっこちるとこ』『シャーロットとしろいうま』『おふろばをそらいろにぬりたいな』、マーク・シーモントとの共作『はなをくんくん』『さかさんぼの日』など、多くの作品が時代をこえて読みつがれている。

この著者の書籍一覧を見る

モーリス・センダック

1928年アメリカ、ニューヨーク州生まれ。絵本の枠組みを広げる多くの作品を生みだした二十世紀を代表する絵本作家。『かいじゅうたちのいるところ』でコルデコット賞、『まどのむこうのそのまたむこう』で全米図書賞を受賞。そのほかの作品に『まよなかのだいどころ』『ロージーちゃんのひみつ』『ふふふん へへへん ぽん!』など多数。業績に対して、国際アンデルセン賞画家賞、ローラ・インガルス・ワイルダー賞、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞などが贈られている。2012年没。

この著者の書籍一覧を見る

江國香織

1964年東京都生まれ。小説家、詩人、翻訳家。直木賞、川端康成文学賞、山本周五郎賞、坪田讓治文学賞など受賞多数。小説のほかに、児童文学『こうばしい日々』、長編童話『雪だるまの雪子ちゃん』、絵本『おさんぽ』『ちょうちょ』、詩集『いちねんせいになったあなたへ』など子どものための作品も多く、『おおきなあかいなや』『しろいゆき あかるいゆき』『マドレーヌのクリスマス』『マールとおばあちゃん』『オズの魔法使い』『青い鳥』など、絵本や童話の翻訳も数多く手がけている。絵本についてのエッセイに『絵本を抱えて部屋のすみへ』がある。

この著者の書籍一覧を見る

ぼくはきみできみはぼく
ぼくはきみできみはぼく