icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ちきゅう

ちきゅう

画像を拡大する

ちきゅう

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2007)
対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 30cm×26cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-348010-7
NDC 726
発売日 2007年8月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

「ぼくたちは毎日、宇宙を旅している…」自転や公転、引力など地球と宇宙の仕組みを、スケールの大きな絵と言葉で学べる絵本。

著者紹介

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

この「ちきゅう」という絵本、初めて原書を手渡されたとき、一目でその絵に惹かれました。スケールの大きな、すがすがしい絵! しかし、原文を読みすすむうち、わたしは、難題を突きつけられていることに気づいたのです。原文は、とても平易に書かれていつつも、とても含蓄のあるものだったからです。
さて、わたしは、このよく練られたポエティクな言葉をどのように日本語に置き換えたらよいものかと思案しました。じつにみじかい言葉の中に、作者の大きな宇宙観や地球についての知識が凝縮されています。ごくあたりまえのようにわたしたちが暮らすこの星、地球が、絶妙なバランスのもと、宇宙をめぐる奇跡の惑星であるということーーそれを子どもたちに伝えようという、作者の熱意のようなものが、伝わってきました。原文を何度も読み返すうち、地球について、自転公転のことなど科学的な事実を紹介しつつも、この絵本のいちばんの核は「この地球に生きるすべての命を慈しむ」ことのように思いました。
こうして今回出版されるに際し、いろいろ悩んだ末の翻訳とはいえ、いくらかでも作者G.ブライアン・カラス氏の愛情に満ちた意図を皆さんに伝えられればと願うばかりです。(庄司太一)

読者のおたより

始まりのことばに感動し、わくわくしました。「ちきゅう。このおおきなのりものにのって ぼくたちはうちゅうをたびしている」図鑑でなく、わかりやすくそして心に残る短いことばに夢があって、あたたかい絵もすてき。宇宙のこと、こども達に話すことは難しいって思っていて、「そう、こういう本に出会いたかった」と実感。(3歳、6歳・ご家族より)

ちきゅう
ちきゅう