icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

すみれちゃんクロニクル

すみれちゃんのあついなつ

すみれちゃんのあついなつ

画像を拡大する

すみれちゃんクロニクル

すみれちゃんのあついなつ

作: 石井睦美

絵: 黒井健

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2009)
対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 138
ISBN 978-4-03-345320-0
NDC 913
発売日 2009年7月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

すみれちゃんは夏休み。でも妹のめんどうをみることや宿題のことをママにうるさくいわれ、家出を決意する。ユーモラスなお話。

著者紹介

石井睦美

1957年神奈川県に生まれる。フェリス女学院大学文学部卒業。1986年『五月のはじめ、日曜日の朝』で新美南吉児童文学賞受賞。2011年『皿と紙ひこうき』で日本児童文学者協会賞を受賞。作品に『パパはすてきな男のおばさん』 『卵と小麦粉とそれからマドレーヌ』『レモンドロップス』「わたしはすみれ」シリーズ、訳書に『ジャックのあたらしいヨット』、絵本に『あそびましょ』(絵こみねゆら)等多数。

この著者の書籍一覧を見る

黒井健

1947年新潟県に生まれる。新潟大学教育学部中等美術科卒業。出版社勤務を経てイラストレーターとなる。主な絵本作品に『ごんぎつね』『手ぶくろ を買いに』『ミシシッピ』『雲の信号』『雲へ』『おかあさんの目』『かぜのひのころわん』など多数。 2003年に山梨県清里に「黒井健絵本ハウス」を開設。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

くろいけんさんが、えをかいているのでよみました。すみれちゃんがつくるうたがたのしいです。「あしたになってもいまがすき きっとあしたのいまがすき」のところがすきです。(読者の方より)

すみれちゃんのあついなつ
すみれちゃんのあついなつ